A green wooden chair in an empty room

宇宙

LANGUAGE: JAPANESE
WRITTEN AND TRANSLATED BY: JONATHAN HIROKI NONOGAKI HUNTER

隠れようとするが、君は飛び跳ねるぞ 

無限の空虚だ。

 

君は何物なのだ。

 

多分、白衣を着ている頭のいい人々がずっと君を見ている。

 

僕の理解を超えている。

考えとするが、頭の中は宇宙しかない。

 

恐怖を感じる僕である。

 

きっと君は僕の中にいるのだろう。

そうなる僕は宇宙人なのかな。

地球人かもしれない。

 

どっちも嫌だ。

 

僕は意味無い人生が欲しいのだ。

線路の近くにあるアパートに住みたいんだ。

ウイスキーを飲んでチーズを食べたいんだ。

だが君は何も無さすぎるのだよ。

 

どこ見ても宇宙、目を瞑ると宇宙。

どっか遠く行ってくれ。

そう言っても、宇宙にしか行けない君である。

 

*****

Space

 

Overflowing, you are leaping above.

An infinite source of empty. 

 

Who are you?

 

Probably, smart people wearing white robes are always staring at you. 

Clearly, you have surpassed my understanding. 

 

I try to think, but my mind is filled with space. 

 

How you scare me. 

 

Probably, you are somewhere hidden inside of me.

If that were the case, am I a spaceman?

I could be an earthman too. 

 

I don’t want to be either. 

 

I just want a meaningless life. 

I want to live in an apartment near the train line. 

I want to drink whiskey and eat cheese. 

But you have too much of nothing. 

 

Everywhere I look it’s space. Close my eyes and it’s space. 

 

Go away some place far. 

I say that, but you can only go to space.