It Is Time for Change

⽇日本には、男⼥女女間の不不平等の深い歴史がある。残念ながら、この歴史は今⽇日にまで⾄至り、⼥女女性は 労働⼒力力で成功するために、奮闘し続けている。毎年年、世界経済フォーラムは経済、政治、教育、 健康の4つの分野のデータから分析されて、各国のジェンダー平等の進展を評価している。2020 年年のレポートによると、⽇日本の順位は153か国中121位で、しかも2019年年に⽇日本の順位は153 か国中110位だったと⾔言う。⽇日本に男⼥女女共同参画が繁栄するためには、何が求められるだろう か。⽇日本の性差別的イデオロギーに「続けている」ことをやめるようにどうやって挑戦すること ができるでしょうか?

⽇日本にジェンダーの不不平等が存在する理理由を理理解するには、始めに、⽇日本でジェンダーを取り巻 くイデオロギーを⽀支えてきた歴史を明らかにする。⽇日本は歴史的に⺟母系制の社会だったが、江戸 時代に儒教が興った際に、男性の⽀支配と階層は、社会で⼥女女性の⼒力力を低下させた。これが「家制度」 の始まりを示した。⻄西洋史でジェンダーの役割と同様に、「家制度」とは、⼥女女性は家事をしたり、 男性が家族を⽀支えるために働ったりすることを⾔言う。これは⽇日本⼈人⼥女女性の⽣生活の多くの⾯面に影響 を与えた。例例えば、⼥女女性の新しい役割は、⼦子供、特に男性の⼦子供を産み、夫に仕えることだった。 ⽇日本は多くの先進国よりもはるかに遅れて、「家制度」を紹介したので、⽇日本社会でジェンダー の不不平等がどのように続いているかを理理解するのは簡単だと思う。理理解できるということは、⾔言 い訳ができるという意味ではありません。

では、今⽇日の⽇日本の歴史はどのように社会に現れているのでしょうか。

⽇日本⼈人の外国⼈人労働者が書いた「我慢」の概念についての報告を⾒見見つけました。「我慢」とは、 あなたは不不快にさせても、笑顔で耐えるべきだという考えだ。「我慢」という⾔言葉の意味は、⽇日 本で働く⾃自分の将来を悲しく思う。⻄西洋社会では、⼈人々は⼤大声で⾃自分の意⾒見見を共有するように教 えられています。⽇日本のジェンダーの不不平等の⼤大きな理理由は個⼈人的な意⾒見見の拒絶だと思う。⽇日本 は、ジェンダーの平等が当たり前になるまでには⻑⾧長い道のりがあります。 2013年年、安倍晋三⾸首相 は「ウーマノミクス戦略略」と呼ばれる国家⽬目標を発表し、2020年年までに⽇日本企業で⼥女女性が企業の 指導的役割の30%を割りたが、それから、2020年年には、⼥女女性はこれらの役割の5%しか割りてい なかった。⽇日本は急速に成功していませんが、変化はあり得ると思う。

⼥女女性が⽇日本で認識されて、地位を⾼高めるには、さまざまな⽅方法があると信じる。多くの報告は、 政治における⼥女女性の割合の増加を中⼼心に⽇日本のジェンダー不不平等の問題を解決するの結論づけて いる。現在、BBCニュースによると、衆議院議員の10%だけが⼥女女性だを⾔言う。より多くの⼥女女性が 政治に参加すれば、するほど⼥女女性の権利利のために戦うことができるでしょう。

⽇日本で、伝統的なジェンダー役割に基づいた無意識の偏⾒見見や社会の期待が多いだ。ジェンダーの 不不平等の問題が変わらないものなら、⽇日本の未来は明るくなさそう。⼥女女性が⼀一緒に⽴立ち、⽇日本の ジェンダーの不不公正について発⾔言すれば、私たちはもはや 「続けている」 必要はありません。

 

***

Japan has a deep history of gender inequality. Unfortunately, this history continues to this day, with many women struggling to succeed in the workforce. Each year, the World Economic Forum analyses data from four areas: economics, politics, education, and health which together assess the progress of gender equality in each country. According to the 2020 report, Japan ranked 121st out of 153 countries, and in 2019, Japan ranked 110th out of 153 countries. What is required for gender equality to prosper in Japan? How can we challenge Japan’s sexist ideology to stop “keeping on”?

To understand why gender inequality exists so strongly in Japan, I first want to clarify the history that has underpinned this social ideology in Japan.

Japan has historically been a matrilineal society, but when Confucianism emerged during the Edo period, male rule and hierarchy reduced the power of women in society. This marked the beginning of the “family system”. Similar to the role of gender in Western history, the “family system” refers to women completing household chores and men working to support their families. This has significantly influenced many aspects of life for Japanese women. For example, the new role of women was to give birth to children, in particular male children, and to serve their husbands (author’s note: gross). As Japan introduced the “family system” much later than many developed countries, it’s understandable that gender inequality continues in Japanese society. Understandable does not mean excusable.

So, how has Japan’s history manifested in society today?

I found a report describing a concept known as “endurance”, written by a foreign worker in Japan. “Endurance” is the idea that you should carry on with a smile, even if it makes you uncomfortable. The meaning behind the word “endurance” makes me sad about my future working in Japan. In Western societies, people are taught to share their opinions loudly and freely. I think a core cause of the sustained gender inequities in Japan is the suppression of personal opinions.

Japan has a long way to go before gender equality becomes the norm. In 2013, Prime Minister Shinzo Abe announced a national goal called the “Womenomics Strategy,” which stated by 2020, women should hold 30 percent of the corporate leadership roles in Japanese companies, yet when 2020 arrived, women held only 5percent  of these roles. Japan has not seen rapid success, but I think things can change.

I believe there are many ways for women to be recognised and empowered in Japan. Many reports conclude that Japan’s gender inequality problem will be resolved by focusing on increasing the proportion of women in politics. Currently, according to BBC News, only 10 percent of members in Japan’s House of Representative are women. The more women participate in politics, the more women will be able to fight for their rights in Japan.

In Japan, there are many unconscious prejudices and social expectations based on traditional gender roles. If the issue of gender inequality remains the same, Japan’s future is unlikely to be bright. If women stand together and speak up about the gender injustice in Japan, we will no longer have to keep on keeping on with gender inequality.